Q&A

WORK 仕事について

大学時代は国際経営についての勉強に勤しむ日々

 元々、海外での経営に興味を持っていたので、国際政治経済経営学科に進学してマネジメントの勉強をしていました。“大学ではとにかく授業に出よう”と決めていたのでサークルや飲み会、コンパといった大学生らしいことはほとんどせず、毎日授業に出席していました。高校生の時に、アメリカにも1年間、留学しました。留学先が田舎だったので、ニューヨークに住んでいた経験があった私にとっては衝撃的で、地域の格差を目の当たりに学ぶことができ、いい経験でした。

アジアでの日本のエンタメビジネスの拡大に奮起

 入社して5年間は「H.C.栃木日光アイスバックス」というアイスホッケーチームでの仕事を担当して、社長室へ異動しました。その後、経営企画室で「クールジャパン」関連で省庁の方々とのやりとりをしていく中で、2014年11月に設立された「MCIPホールディングス」の代表取締役社長に就任しました。同社は、電通、ドワンゴ、スペースシャワー、ソニー・ミュージックエンタテインメント、滋慶学園グループ、クールジャパン機構、イオンモール、スペースシャワーネットワークと共同で設立している合弁会社です。それぞれの会社が持っているコンテンツやノウハウを使って、アジア各国に日本のエンタテインメント・コンテンツをビジネス展開します。2015年4月からスタートしたプロジェクト「住みますアジア芸人」から始まり、2015年11月にはシンガポールで開催された『Anime Festival Asia 2015 Singapore』で英語での1時間のステージを行う「Yoshimoto Entertainment Stage」の企画運営、「あたりまえ体操」が大人気のインドネシアでCOWCOWさんとイベントなども行いました。
 仕事でやりがいを感じる瞬間は、何かに貢献できた実感を持った時です。アイスホッケーチームを担当していた時には、お客様やスポンサー様から嬉しい言葉をかけていただいたり、“やってて良かった”と選手から言われた時にやりがいを感じました。現在の仕事は準備段階のため、今後、日本のエンタテインメントを海外に展開する基盤がつくれた時に、そのような気持ちを持てるのではないかなと思っています。
 また海外に向けた仕事をしているからこそ日々感じることは、日本における吉本のブランド力です。海外ではよしもとのパワーをまだまだ発揮できていないため、よしもとのブランドパワーを少しずつ構築することも、現在の目標の一つです。

DAILY SCHEDULE よしもとっ子の1日

09:00

出社して、デスクワークなどを行います。

11:00

スカイプでアジアのメンバーと会議

18:00

タイのマーケット視察

LAUGH&PEACE 仕事でLAUGHな時&

仕事でLAUGHな時

インドネシアで頑張っている住みます芸人5人と、アパートの前で撮影

オフでPEACEな時

ヨーグルト作ります

MESSAGE 就活生へのメッセージ

仕事と楽しく向き合える人は向いている

 元々、スポーツ・マネジメントの会社で働いていた関係から、よしもとでも入社直後はスポーツ関連の仕事に関わることができて、仕事をスムーズにこなすことができました。社長室へ異動になったときにはカルチャーショックを受けましたが、転職くらいの感覚で深く考えずに目の前のことをやっていけば上手くいくだろうと考えて仕事をしていました。今はアジアでのビジネス展開への準備段階なので大変なことばかりですが、困難が多いほど仕事は充実して感じるものだと思います。
 よしもとに向いていると思う人は、やっぱりお笑いが好きな人です。特に若い人にとって、すごく大事な要素になるはずです。また、仕事に時間を捧げることをいとわない人もピッタリでしょう。仕事が大好きなほうがこの会社では充実した毎日が過ごせると思います。