Q&A

WORK 仕事について

バスケットボールと海外旅行を堪能した学生時代

 大学時代は、バスケットボールに励んでいました。関東大学リーグに入っていて練習はとてもキツかったです。また、バイトをして溜めたお金で海外旅行をすることも楽しみでした。当時のバイブルだった『深夜特急』という本の影響でインド、スリランカ、タイ、シンガポールなどに格安で行っていました。1人で行くことが多くて、現地の人と仲良くなることが楽しかったです。危ない目にも遭いましたが、貴重な経験ができたと思っています。

沖縄・国際通りでのレッドカーペット成功で得た達成感

 入社後、よしもとアール・アンド・シーにいて、2014年夏から沖縄へ転勤となりました。沖縄では『島ぜんぶでおーきな祭~沖縄国際映画祭~』のほか、常設されているよしもと沖縄花月と沖縄おもろおばけ屋敷のプロモーションや営業を行っています。映画祭では、よしもとの東京本部にある各セクションとの連絡係として重要な役割を担っています。また、『島ぜんぶでおーきな祭』というタイトルになって以来、沖縄の方々により多くの部分で係わっていただくことが増えているため、県や市町村を回って「こういうことを一緒にやりませんか?」と提案もしています。今まで一番苦労したことは、3年前に初めて国際通りで実施したレッドカーペットです。ディズニー・パレードが国際通りで開催されたことを聞いて「国際通りでレッドカーペットをやれたら面白いですよね」と那覇市職員の方に話していたところから始まりました。周辺の商店街へ挨拶に行ったりして理解を深めながら、無事開催へと至って当日は5~6万人の人が集まる大成功でした。関わってくれた皆さんに感謝しました。その時によしもとでできることの幅広さやスキームのすごさを沖縄であらためて実感しました。確かに沖縄にあるほかの会社よりも吉本は仕事量が多いところもありますが、仕事は充実していて沖縄ならではの楽しい生活もあります。さすが沖縄で事務所前は海で、珊瑚礁や熱帯魚もみられる場所がたくさんあるので、きれいな海にとても癒されます。
 また、沖縄よしもととしては近い将来にガレッジセールさんのような芸人や、芸能の分野で達者な人が多い場所なのでアーティストも発掘したいです。さらに沖縄の事務所だけで営業からテレビ制作、デジタル制作など全てが成立させられるようになれたらいいと思います。そのために1人でも多くの方に劇場やおばけ屋敷に足を運んでいただけるよう、沖縄の人はもちろん国内外の観光客にもアピールしていきたいです。

DAILY SCHEDULE よしもとっ子の1日

10:00

社内にて、会議を行います。

13:00

よしもと沖縄花月に公演の様子を確認します。

20:00

仕事仲間とご飯を食べながら
今後のプランニングを行います。

LAUGH&PEACE 仕事でLAUGHな時&

仕事でLAUGHな時

第6回沖縄国際映画祭ではじめて国際通りレッドカーペットを実施したときの記念写真です。

オフでPEACEな時

おきなわ新喜劇ツアー台湾公演終了後、スタッフでの打ち上げの写真です。

MESSAGE 就活生へのメッセージ

一度断られてもめげない人と一緒に働きたい

 大学卒業後、リクルート系の会社に入社して、その後にグループ会社だった小室哲哉さんの会社に異動、小室さんが移籍したタイミングでよしもとに移りました。それ以来、ずっとアーティスト担当として音楽の仕事をやっていて、2006年から沖縄所属のアーティストを担当していました。当時、映画祭もまだ始まっていなく事務所もなく沖縄と東京を頻繁に往復していたので、転勤しても驚きませんでした。
 仕事量は多い会社なので元気な人は向いていると思います。怒られることも多いと思うので、前向きで明るい人もいいです。あと、沖縄に来てよしもとの本社の人がすごいと思うことは、一度断られてもあの手この手で提案できる人が多いことです。一度断られると引き下がる人が多いのですが、やりたいことをやるためにどのように切り替えれば実現できるかを皆、考えています。1年目ではなかなか難しいことかもしれませんが、そんな考え方ができる人と一緒に働けたらうれしいです。