Q&A

WORK 仕事について

あらゆる案件を世間に広める宣伝プランを構築する仕事

 音楽が好きだったので、大学卒業後は音楽関連の会社に就職し、その後によしもとへ転職。グループ会社のよしもとアール・アンド・シーのプロモーション担当を経て、現在はプロモーションセンターに所属しています。プロモーションの業務は大きく分けて3つあります。1つ目は、テレビ局やラジオ局、新聞、雑誌、WEBなどのメディアに、よしもとのタレントやイベントのプロモーションを行うこと。2つ目は「京都国際映画祭」や「日本女子博覧会」など、よしもとが関わるイベントの宣伝担当として、どのようにプロモーションを展開すれば認知度が上がり、お客さんに来場してもらえるか宣伝プランを構築すること。3つ目は各企業や行政、映画会社などからPRの委託を受けて、プロモーションプランを提案することです。

芸人やイベントのみならず、企業としての取り組みもPR

 各メディアに対してよしもとが開催した記者会見の模様などを紹介して頂けるようにお願いしたり、マネジメントと連携して劇場などで人気の若手芸人を取り上げてもらえるよう打診することも。また、テレビやラジオ番組のゲストに芸人を出演させ、イベントの情報を入れ込んでもらったりと、あらゆる宣伝プランを考えてメディアに発信します。一方で経済系の番組や一般紙などのメディアに対しては切り口を変えることも必要です。よしもとが企業として取り組んでいる新規事業についても取り上げてもらえるよう働きかけます。現在、日本政府が掲げる“クールジャパン”は当社でも取り組んでいて、お笑いという日本独自のエンターテインメントを海外に発信するためにMCIPホールディングスという合弁会社を民間7社で新たに設立。このような、日本のコンテンツをアジア各国・地域に輸出するプロジェクトを紹介し、世の中に広めていくこともプロモーションの仕事の1つになります。とくによしもとはプロモーションが必要な案件が多いので、社内のすべての案件に関わり内容を把握しておかなければならないのが大変ですが、その分やりがいは大きいです。

会見後、社会現象にまでなった「ラッスンゴレライ」の完コピ

 紹介するイベントが多くのメディアに紹介されるように日々アイディアを考えています。「日本女子博覧会2015 春」の開催発表会見が決まった時、総合MCを担当していたオリエンタルラジオさんに一昨年大ブレイク中だった8.6秒バズーカーさんの「ラッスンゴレライ」の完コピをしてもらえるようにお願いしたところ、会見は大盛り上がり。翌日、各局から「会見の映像を貸してほしい」とオファーが殺到し、会見動画も再生回数2000万回を突破するまでに。この反響は自分でも驚きましたね。
 イベント開催中もメディアへの働きかけが大切です。2015年の「ナニワハロウィンパーティー」では、コロコロチキチキペッパーズさんの卓球ネタに出てくる「クレイ!」を「ヘイ!」に代えて、とにかく明るい安村さんとコラボ。旬の2組が共演することで、多くの媒体に取り上げてもらうことができました。
 今後の目標は、日本に訪れる外国人観光客を取り込むこと。お笑いは言葉が通じない分、伝わりにくくて難しい部分もあるのですが、制作とプロモーションを連動させることができれば外国人観光客がもっと劇場に足を運んでくれるのではないかと考えています。

DAILY SCHEDULE よしもとっ子の1日

10:00

午前中は情報番組が多いので、出社前にテレビ局に
直接足を運んで番組のプロデューサーやディレクターに
芸人や近々行われるイベントのプロモーションを行います。

13:00

昼からはイベントなどの発表記者会見が
行われることが多いです。
芸人のブッキングや各メディアの記者の方々への
お声掛け、当日の会見の進行も業務のひとつです。

16:00

夕方からは会議かデスクワーク。
会見案内や会見の内容を決めて進行台本を作る
こともあります。社員と雑談しているなかで
いいアイディアが浮かぶことが多いですね。

LAUGH&PEACE 仕事でLAUGHな時&

仕事でLAUGHな時

プロモーションという部署の垣根を越え、制作とも密に連携を取り、イベントの中に「話題性」を創出することで、多くのメディアで取り上げてられて、イベントのPRに結びつくと充実感でいっぱいになります。

オフでPEACEな時

仕事終わりに芸人や仲間とご飯を食べに行くのが一番リラックスできます。やっべっぞ!

MESSAGE 就活生へのメッセージ

「お笑い」という強いコンテンツをきっかけに広い分野で活躍してほしい

 もちろん「よしもと=お笑い」というイメージが強いですが、よしもとはお笑い以外のコンテンツもたくさんあります。舞台や映画祭もあれば、スポーツもあるし行政と協力してイベントを開催することも。ほかにも音楽イベントもあればアイドルも活躍しています。お笑いという強いコンテンツをきっかけにして、ほかの分野とどのように連携させ、広げていけるか。そんなアイディアが生み出せる人と一緒に働きたいですね。海外も含めて、色々なことに興味を持てる人、発想力のある人が求められていると思います。これだけ多くの芸人が所属していると、誰かしら何かの分野に精通する人がいるんです。例えばそういった芸人の持ち味を生かして、多方面で可能性を探してもらえたらいいなと思いますね。うまくいけば、自分が考えたアイディアで社会現象を起こすことができるかもしれませんよ!